エステサロン等で脱毛を始めたら、注意をしておきたいのが、紫外線です。

現在、主流となっている脱毛法は、光をムダ毛の中のメラニン色素に吸収させ、毛根に熱を持たせる事で、毛乳頭や毛根組織に刺激を与え、次にその毛穴から、毛が生えてきにくい状態を作っていく方法です。

このメラニン色素というのは、毛だけでなく、肌の中にも存在する色素です。
紫外線を浴びると、肌が黒くなるのは、紫外線によるストレスで肌にメラニン色素が一気に増える為です。

通常の肌にもメラニン色素は存在しますが、少量なので光を照射しても影響がありません。
それが、日に焼けて黒くなった肌に照射をすれば、肌にも影響が出てしまう可能性が出てきてしまう事になります。

その為、黒く焼けた肌の場合、脱毛の施術を断られる可能性が高くなります。
ですから、脱毛を始めたら、日常的に日焼け度目クリームを塗るなどして、肌が焼ける事を避けるようにしておく事が大切です。

更に、脱毛の施術直後というのは、毛穴の中に熱を持った状態になっている事も多い為、施術直後も直射日光が当たらないように注意をしておく事がお勧めです。

脱毛を始めたら、肌が日に焼けないように、日常的なケアが大切になってきます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。